×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職に成功する自己PRの書き方をマスターしよう!

今の時代、転職は当たり前の時代。転職によってキャリアアップ、スキルアップを目指すことが当然になっています。「第二新卒」という言葉も出てくるくらいで、新卒は3年の内に30%が会社を辞めるとまで言われていますね。これ程までに身近になった転職ですが、皆さんどこまで転職を成功させているのでしょうか?これは非常に疑問です。無事に第一希望の企業に入れる人は一握りしかいないと考えても良いでしょう。

私は普段、転職エージェントして働いていますが、皆さんが意中の企業に転職出来ないのは単純に転職ノウハウがないからだと感じています。それはとっても簡単、だけど基礎的なこと…そう!自己PRです。転職の為の自己PRの書き方など学校では絶対に教わりませんし、そもそも自己PRが得意な日本人はいませんからね!これはお国柄の問題もあるかも知れません。とは言え、自己PRが転職の成功を左右するのであれば、そこを上手く作っていくに越したことはありませんよね!
今回は転職に成功する為の自己PRの書き方をしっかりとレクチャー致します。人生において数回しかない転職…しっかりとした自己PRで臨んで下さいね!

派遣等で転職回数が多い方、キャリアの浅い方にオススメ
↓↓↓
29回転職に成功。再チャレンジ転職法

転職用の自己PRには書き方のポイントがある!

転職で成功したいならば、自己PRは次のポイントを抑えた書き方をしなければなりません。

@スキルをどのように活かせるか?
「転職=中途採用」です。中途採用では新卒採用と違ってあくまで即戦力を求めるのです。大学生の就職のように”サークル・部活で頑張った”…なんてことは意味がないのです。人事はいかに即戦力になり得るかを見ています。つまり「その企業でどんなことをできるか!」ということに注目した書き方を自己PRでは求められるんですね。

A簡潔、論理的な書き方
これは本人は意外と気が付かないのですが、「結論⇒具体例」という簡潔、且つ論理的な書き方をしましょう。転職したい人は山ほどいますから、人事も多くの職務経歴書を見なければいけないのです。だらだらと結論が曖昧な自己PRでは、人事も見る気はしないはず。転職においては論理的な思考性も問われますから、面接前に自己PRで「いかにも論理的である」ことを文面から推測させることは有利な戦法でもあります。書き方に自信がない場合は自己PRを一通りまとめた後、客観的な視点を持った第三者に見てもらうのも良いかも知れません。

大手を絶対に狙いたい!という方にオススメ
↓↓↓
三流大卒から外資系コンサルファームへ転職した実用的ノウハウ

こんな自己PRが好かれる!〜サンプル〜

では実際に、転職時に好かれる自己PRを書いてみましょう。先ほど指南した書き方に気を付けるとこんな自己PRの書き方が出来るはずです…。

『私は○○なスキルを御社で活かせます。と言うのも、前職ではある職務において○○なスキルを用いてプロジェクトを成功させました。具体的には△△という実績も出しています。このスキルはまさに御社の事業内容でも即戦力として活きてくるはずです。』
やや完結過ぎる書き方ですが、変に長いものよりは遥かに良い自己PRです。具体例・実績まで挙げるとより説得力のある自己PRになりますよね!これを2つ・3つ書き出すとかなりの確率で興味を持ってもらえるはずですよ。内容にもう少し肉付けをしながらまとめても問題ありません。

最後に…
転職は面接をしなければ言いたいことも言えません。書類選考の次の段階に進むためにも人事にウケる自己PRの書き方をマスターしましょう。面接は先方との相性もありますので不確定な要素も多いです。しかし自己PRならば努力次第でどこまでも良いものに仕上げられるんです!自己PRの書き方であなたの人生が決まるかも…知れません!

Copyright © 2008 転職に成功する自己PRの書き方!

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。